『大タイ王国展 7』〜アクセサリー〜

2020.09.20 大タイ王国展

こちらでは、タイの山岳小数民族に愛用されていた主にシルバーアクセサリーをご紹介します。

銀製のアクセサリーは豊かさの象徴であり、身分を高め、若い女性にとっては求婚者を引きつけます。

山岳民族にとって、ほとんどの価値は銀によって測られるそう。

硬貨や宝飾品に形を変えても、銀は価値を保持するからです。

田畑や家畜、アヘンなども銀で算出されるようです。

 

特にメオ族、ヤオ族は大きなアクセサリーを好み、リス族は何重にも重ね付けします。

アカ族、ラフ族は銀で衣装を飾ることを好みます。

銀製のアクセサリーはすべての部族により使用されています。

また種子や貝殻などの天然物も装飾に使われます。

 

 

 ・チョーカー1
800g  幅19cm

5層になったボリュームのあるネックレス。

中央部分に模様が刻まれています。

主にメオ族、ヤオ族に愛用されています。

純銀であったり、内部が空洞のものがあったりそれぞれ異なります。

IMG_0081 IMG_0082

 

・チョーカー2
180g  幅17cm

1層タイプのシンプルなチョーカー。

全体に草花模様が刻まれています。

IMG_0083 IMG_0084

 

 

・チョーカー3
60〜125g

フラットな三日月型チョーカー。

草花、魚紋様刻み込まれています。

フラットタイプはアカ族に多く見られるようです。魚模様も特徴。

他にもリス族、ラフ族にも同じようなデザインがあります。

IMG_0086 IMG_0088

 

 

・バングル4
およそ74g  幅17 cm

平らで太幅タイプのバングル、細かなデザインが刻み込まれています。

主にアカ族、リス族、ラフ族が身につけます。他の山岳民族にも見られます。

刻み込まれるデザインは数百種と言われるそう。

銀の他、銅や真鍮製もあります。

IMG_0092
IMG_0093

 

・バングル5
およそ48g  アルミ製

少し太手、アルミ製なので軽めで、装飾も控えめです。

価値のある銀製は特別なイベントの際に身につけ、

普段はアルミといった似た物の装飾を身につけ、盗難に備える傾向もあるそうです。

IMG_0095 IMG_0096

 

 

・ネックレス6
長さ66〜68 cm

硬貨を紐で繋ぎネックレスにアレンジしたもの。

漢字が刻まれた中国から渡ったと思われる硬貨。

ずっしりめです。

 

IMG_0098
IMG_0100

 

 

 

・鈴ネックレス7
長さ38 cm

アカ族のものと思われる、小降りの鈴をアレンジしたもの。

IMG_0103

 

 

・チョーカー8
幅13 cm

細身、独特な凹凸模様のチョーカー。

IMG_0105
IMG_0106 IMG_0107 IMG_0108

 

 

 

・ネックレス9
170g  長さ31 cm

コインを赤い紐で繋いだもの。

カレン族のものと思われます。

IMG_0110

 

 

・ネックレス10
長さ38 cm

楕円型、ひし形など様々な玉デザインと管を合わせたもの。

カレン族に見られるデザインのひとつです。

IMG_0112
IMG_0113

 

 

 

 

 

・ネックレス11

植物の種子と思われる小さな白いビーズ。

輪っか状にし、何連にも束ねてネックレスとするのはもちろん、

衣装の装飾にも同じような白い種子が用いられています。

IMG_0114 IMG_0115

 

 

・ネックレス12
3g  幅8 mm

シルバコインを潰して小さく丸めたもの。

ここからアクサリーへとアレンジされます。

小さな粒状ですが、価値の高いもの。

IMG_0117

 

 

・ネックレス13
50g  長さ49 cm

先ほどのシルバーコインをビーズ状に丸め、赤紐で繋いだもの。

IMG_0121

 

・ライスビーズネックレス14
ショート:29〜31 /ロング:58 cm

シルバーコインをさらに小さく細く、米状に丸めたものを繋いだもの。

とても純度の高いシルバーです。

ロングサイズは2連にできます。

IMG_0125

 

・ネックレス16

動物の角や歯をアレンジしたもの。

おそらく豚の歯ではないかと思われます。

IMG_0128

 

・宝貝ネックレス17
長さ73 cm

主にアカ族が多く用いる装飾パーツ、宝貝。

種子または木の実と思われる黒ビーズと交互に合わせて紐でつないでいます。

在庫10点ございます。

IMG_0288 IMG_0289

 

 

・そろばん玉・管玉18 (単品)

そろばんの形をしたものと管状のもの。

サイズは様々で、濃紺から緑色をしています。

バンチェンにて出土したもの、古くは紀元前300~後200年頃、ほぼ西ではローマ帝国、東では漢の時代、東西交易の時代に制作されたといわれます。

とても価値があり、高値で取引されています。

リメイクされたものも多く、鑑定が難しくもあります。

IMG_0057

 

 

・そろばん玉ネックレス19

ガラスのそろばん玉を繋いだものです。

独特な色合いも魅力的。

IMG_0059 IMG_0060

 

 

・青銅バングル20

奥は細手が数連になったもの、手前は太手の一連もの。

紋様が入っていたり、厚みや形も様々あるようです。

こちらはシンプルなリング状です。

銅とは銅とスズの合金で、人類最古の合金と言われています。

腕輪,斧,矛などの様々な青銅器が発掘されていますが、青銅器の中でも腕輪や斧は特に種類の変化が多いそうです。

IMG_0071

 

 

 

 

◎お知らせ◎

タイのハンドメイドのシルバーピアス&イヤリングはお買い求めいただけます。

雫型のシンプルなものから、動物型の愛らしいものなどデザインも豊富!

オンラインショップへ随時掲載していきます。

各1,200円(本体価格)

IMG_3587 IMG_3592 IMG_3596

IMG_3603 IMG_3607 IMG_3610

IMG_3623 IMG_3650 IMG_3659

IMG_3668 IMG_3671 IMG_3675

Share on Facebook

お問い合わせはこちら